NEWS

Arno Atoll 「アルノ環礁」

「何もない」という本当の贅沢


アルノ環礁の魅力

青い海、青い空、カラフルなサンゴ、ヤシの木が生い茂る小島、誰もが一度は行ってみたいと思い描く「南の島」のイメージがここにはあります。
島自体は素朴そのものであり、未だ舗装されていないヤシの木の一本道がどこまでも続き、島民たちの屈託のない笑顔はいつまでも優しい気持ちにさせてくれます。リゾートと言われるようなきらびやかな施設・便利さなどは一切ありませんが、それ以上に訪れる人たちの心に残る貴重な体験を出来るのが ≪アルノ環礁≫ です。
何もないからこそ守られている"抜群の透明度"、"ダイバーを知らない魚達"、"けがされる事のない極上の珊瑚の群生"。ダイバー、スノーケラーなら、アルノに滞在することで わずか数分・数十分たらずで 2日続けて興味深いPointでのダイビング、スノーケリングを楽しむ事が出来、また 海況次第では普段中々行くことの出来ない【North Point】や【South Point】へもトライできるというクルーズツアーにも似た?!魅力があります。またダイバーに人気のマクロ種もマジュロや他国に比べて比較的浅場で観察出来る事は フォト派には嬉しい環境であり、スノーケラーにとってもナポレオンフィッシュ、ホワイトチップリーフシャークなどの普段ではなかなか観る事の出来ない大型生物に出逢えるのも、穏やかなアルノの外洋ならではの魅力と言えるでしょう。グループ、ファミリー、カップル 気の合う仲間達と自然を感じながら 思い出の1ページをぜひ刻んでみて下さい。

どんなところ?


首都・マジュロ環礁から東へ約20キロに位置するアルノ環礁。
マジュロを都会!というならば、アルノは片田舎!というのが分かりやすいかもしれません。マジュロは首都でもあるため、便利なお店や物が揃っていますが、アルノはホテルはもちろんのこと、レストランやスーパーマーケットなどもありません。海況の良い日には、マジュロ環礁からその姿を見る事が出来るほど決して遠くはないマジュロから一番近いお隣のアルノ環礁。海況により異なりますが、ボートで約45分から1時間少々。Day Tripで行くのが通例となりますが、島内には宿泊施設も完備しており 『島好き』な方ならどなたでも楽しめる場所と言っていいでしょう。
マーシャル諸島全体像はこちらをクリック   一番近いお隣の環礁

どんな海?


環礁それぞれがもった良い所を感じていただきたい!
マジュロ環礁でのダイビングはラグーン内を中心に外洋、干満により潮の出入りするチャンネルを楽しみますが、アルノ環礁では基本外洋でのダイビングがメインとなります。ただここは外洋であるにも関わらずほとんどのポイントが穏やかな島影に位置し、ボート上から水底の砂紋がくっきりと確認出来、穏やかな時には水面からドロップオフのサンゴや魚達を眺める事が出来るといった光景を見せてくれます。もちろん大物との遭遇も期待出来、潮と共にコーナーを気持ち良く流したい。そしてマジュロ環礁との珊瑚の違いにも是非注目していただきたい!移動中には高確率でイルカ達と遭遇するチャンスも待っています。   Dive site Map   Snorkeling site Map

宿泊施設


アルノ環礁には現在【Arno Cottage】という簡易型宿泊施設が2棟完備されており、どなたでも気軽に宿泊する事が出来ます。本館・新館共にベッド数には限りはございますが、スペースは十分広いためアレンジは可能!皆さんでゆっくりご滞在頂けます。

≪本館≫ 2012年4/11 現在
◆ベッド数: ダブル x 1、シングル x 4、ソファー x 1
◆炊事: ガスレンジ、水道、冷蔵庫(鍋、皿、フォークなど調理器具一通り揃っています)
◆シャワー: 水のみ(シャンプー、タオル等の洗面用具はございません)
◆トイレ: 水洗式
◆食事: 食材を持ち込んでの自炊


≪新館≫
◆ベッド数: シングル x 4 合計4名(1Fと2Fにて分かれたツイン×2ルーム)
◆炊事: なし(隣にある本館にて自炊となります)
◆シャワー: 水のみ(シャンプー、タオル等の洗面用具はございません)
◆トイレ: 水洗式
◆食事: 本館と同様、食材を持ち込んでの自炊(キッチンは本館使用)

タイムスケジュール ~Sample~

09:00 MIR出港
10:00 アルノ環礁 1stダイブサイト到着
13:00 2ndダイブ終了後 ランチ
15:00 3rdダイブ終了
15:40 アルノ港到着 Arno Cottageまで移動 (移動は基本徒歩となりますが、車での送迎の場合もございます。
    島内に車が1台しかなくその時のメンテナンス等によりご利用出来ない事がございますのでご了承ください)
16:20 Arno Cottage到着 思い思いにアルノをお楽しみください。
    (夕焼け、星空、月、朝焼けなどここでしか感じる事の出来ないシーンを自然のサイクルがお届けします)

<2日目>
09:00 アルノ港出発
09:30 1stダイブ
15:00 3rdダイブ終了後、マジュロ環礁へ向けて出発
16:00 MIR帰港


※スケジュールはあくまでも目安となり、アレンジは自由自在!
※当日の天候によりツアーを催行出来ない場合がございます。
※ご宿泊のお客様は、食材をマジュロのスーパーマーケットにてお買い求めいただきます。
※アルコール類については島の決まりにより飲酒・持込み出来ませんのでご了承下さい。
※日除け・虫よけ対策として(帽子、日焼け止め、タオル、虫よけスプレー等)を忘れずにお持ち下さい。

アルノ環礁についてご質問・お問い合わせはこちらまで!