NEWS

珊瑚の楽園・カロリン島 シュノーケリング

サンゴの原生林はここにありッ!


ビーチまで珊瑚がびっしりのカロリン島

マジュロ環礁を代表するオススメのシュノーケリングポイントへ。今回はマジュロ環礁在住日本人の方々にもご覧頂きたくお声を掛けさせて頂きました。せっかく珊瑚の楽園に在住しながら、こんなにも綺麗なところを見ていないとは・・。エネコ島も美しい!アネモネ島も素敵!ですが、ここは珊瑚の王国・マーシャル諸島。スケールの違いを我々ダイブショップ視点にてご紹介させていただきました。皆さん普段は様々なお仕事をされていますが、大荒れの天候から一転のまさにシュノーケリング日和の日曜日。穏やかな砂地の広大な珊瑚エリアをゆ~っくりのんびりと水面散策。その後は皆さんにお持ちいただいた美味しいランチタイム。どさくさに紛れ?ご好意に甘え?頂いちゃいました。蒼い海の上でいただく食事は格別ですね!さて、まったりとした時間からメインイベント?突入!外洋+チャンネル付近でのシュノーケリング。ここ最近の中では本当に落ち着いた雰囲気で安心しましたが、ここを見て頂かないと始まらない!?豪華なテーブル珊瑚の連なりとラグーンとは全く異なるダイナミックな景観、その上をゆっくりとホワイトチップリーフシャークや可愛い魚達。
皆さんを見ていても本当に来て頂けて良かったと思いましたね。そしてなんと!今回、参加頂いた7名のうち4名から早速 『マジュロ在住者・生の声』 としてお伺いする事が出来ました。早速ご紹介していきましょう! / Hiro

ツアーガイド経験もある諭くん


Photo by Mr.Satoshi Shiina
■マーシャルはシュノーケラーが世界中で一番得できるんではないでしょうか!ホテルのデッキから出発したOlivia号はぐんぐんラグーンを進み、目的地のカロリンへ。天気もドッピーカンで、まずは最初のポイントで肩慣らし?なんて思ってたら、圧倒的なサンゴ群や熱帯魚そして透明度にびっくりでした。SUPやシュノーケルでひとしきり楽しんだあと、お楽しみ船上でランチターイム!南国遊びの良いとこどりです。そして次に向かうはダイナミックに潮が入交うチャンネル。しかしポイントを熟知しているガイドの万全なサポートがあるので思い切り楽しめました。ここでは、これはシュノーケルとは思えないダイナミックな体験が待ち構えていました。圧倒的な大きさのリーフコーラル群、カラフルな魚群、そして太平洋へ向かう断崖絶壁、もはやダイビングの景色では!?大満足でした。サンゴが育つ諸条件が揃っていて、さらに浅瀬でそれらが見れるマーシャルはシュノーケル天国です!
by:マーシャル諸島短期大学 JICAボランティア 椎名諭 さん

マジュロ在住2年・Aさん


Photo by マジュロ在中2年目・Aさん
■シュノーケリングツアー最高でした!お天気にも恵まれたこの日は海がとっても鮮やかな青で、ボートで浮かんでるだけでも「ここは天国か?」と思わせてくれるマーシャルの海。カロリン島はマーシャル在中者の間でも一番スゴイ!と言われているところで、なかなか行く機会のないところ。ちょっと顔をつけると一面に広がるサンゴ,さんご… あれほどたくさんのテーブルサンゴはじめて見ました。ちっちゃいカラフルな魚がたくさんいて、サメにも遭遇!ガイドさんに「あれは何?」と聞くと丁寧にいろいろ教えてくれて、魚やサメの種類も知る事ができました。 チャンネルでのシュノーケリングは深くて波があって少しドキドキでしたが、万全のサポートとライフジャケットで安心して内海とは違った迫力の水中世界を楽しむことができました。いつものビーチからのシュノーケリングとは一味ちがって、海大満喫な一日でした。ありがとうございました!!
by:マジュロ在住2年・Aさん

シニア・ボランティア 兵頭さん


Photo by Mr.Mitsushi Hyodou
■今回のスノーケリングポイントは、マジュロ環礁北部のカロリン島です。RAYCREWの桟橋から高速ボートでラグーン内を20kmほど行ったところです。外洋に出ることなく行けるので、たとえ天候が急変したとしても安全です。この日は、前日の雨が嘘のように爽やかに晴れ上がり、風も穏やかでこれ以上ない絶好のコンディションに恵まれました。しかも、インストラクターが同行してくれて、見どころを余すところなく効率的に見て回れます。日差しを受けた海の透明度は抜群で、浅瀬に停泊しているボートはまるで空中に浮いているかのようです。また、水の色とグラデーションの美しさはとても言葉では表現できません。まさに「絵にも描けない美しさ」なんです。これぞ竜宮城の入り口かも?幾重にも重なったテーブル珊瑚の間を泳ぐ色とりどりの熱帯魚は「鯛やヒラメの舞い踊り」に匹敵する、いや、それ以上に心を癒されます。次回は、竜宮城の天守閣に入城してみましょう。
by:JICA Senior Volunteer 兵頭 光志さん

Majuro在住ほやほや・ONO YUTAくん


Photo by Mr.Yuta Ono

前日は1日中雨で天気が心配されましたが、当日は真っ青な空!皆さんの日ごろの行いの良さに感謝!今回の目的地・カロリン島まで、潮風を受けながらボートで進むのは爽快でしたし、自分にとってはマーシャルで初の他の島への旅行だったので興奮も醒めませんでした。カロリン周辺の2つのスポットをシュノーケリング。1か所目はラグーン内。間近でサンゴ礁の畑(?)を楽しむことができ、魚を追いかけて写真を撮るのに夢中になり、小さなサメにも出会いました。2か所目は外洋と内海の中間地点。ダイナミックなサンゴの山(?)に圧倒されました。今回は出会えませんでしたが、マンタやカメもここに訪れるそうです。どちらのスポットでも、マーシャル諸島はサンゴ礁からできていると肌で実感し、自然の美しさと偉大さに心動かされました。この素敵な海をもっともっと楽しんでやりたくなりました。
by:JICA Volunteer ONO YUTAさん




◆皆さん、ありがとうございました!
せっかくのカロリン島!普段ボートで大きな珊瑚のリーフ上に停泊する事は出来ません。ダイビングでは浅いとはいえ水中、シュノーケリングはもちろん水面、、、そんな時には、小型のボートやパドルボードなどの少し高い位置から真下の珊瑚をご覧下さい。自分の眼下一面が全て珊瑚に覆われているところに浮かんでいる感覚が何ともいえない!それも穏やかなラグーン内があるマーシャル諸島での観察の一つといえるでしょう。何もないを楽しむ と共に多くを感じていただけたらとても嬉しく思います。何もない中には大きな発見と感動が!それはあなただけの価値観でッ!

これからも一人でも多くの方々にマーシャル諸島の珊瑚をご覧いただきたいッ!ダイビング、シュノーケリング問わずマーシャル諸島ではその素晴らしさを実感出来るはず!さぁ!地球を感じようッ!




Vol,Ⅱ

今後のシュノーケリング情報にも乞うご期待!