NEWS

マーシャル諸島・カロリン島の誘惑 Vol,1

ディープを好む仲間達

ダイバーの中でもディープダイビングを好む方も多い。その理由として普段見掛ける普通種とは異なりレア種と呼ばれる種(マクロ)に出会えるチャンスがある事。レア種だけに特殊な生息環境を好み、決してダイバーにとって容易ではなくダイビング自体のスキルも問われるところ。それだけに出会えた感動はこれまた大きい!世界の広い海域の中、限られたエリアのみに生息する宝のような水中の仲間達に一種類でも多く出逢いたい。そんな仲間達を一部ご紹介いたします。

グリフィス・エンジェルフィッシュ


グリフィスエンジェルフィッシュ

【英名】Griffis' Angelfish 【学名】Apolemichthys griffisi 【和名】なし

決して派手な体色ではないですが、レア種としての風格はあり。ヤッコの仲間で大きさはシテンヤッコや小さめのニシキヤッコといったところでしょうか。潮通しの良い外洋のスロープやドロップオフを好み 単体、ペアもしくは数匹で行動しています。世界中でも珍しい種類に入り露出されているのはアクアリスト達の観賞用としての情報ばかり。これからはマーシャル諸島より様々な角度でご紹介していきます!
 
■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:なかなか深め


オーネイト・エンジェルフィッシュ / Female


オーネイトエンジェルフィッシュ♀

【英名】Ornate Angelfish ♀ 【学名】Genecanthus bellus 【和名】フカミヤッコ

キンチャクダイの仲間。人気の理由は何と言ってもこの特殊な配色とちょび髭をたくわえたような容姿。オスよりも断然目立ちマジュロ環礁では数自体もオスよりこのメスの方を良く目にします。カロリン島外洋側、ブリッジ側外洋にて確認済みですが少しでも浅場の個体を捜索中!

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:まぁまぁ深め


オーネイト・エンジェルフィッシュ / Male


オーネイトエンジェルフィッシュ♂

【英名】Ornate Angelfish ♂ 【学名】Genecanthus bellus 【和名】フカミヤッコ

こちらはオーネイトのオス。メス同様に深度下でも良く目立ちますがメスに比べ遭遇率は低い。ペアでいるところはあまり見掛けませんが、もう少し深場を好むのでしょうか。そのぶんこのオスとの遭遇は格別に嬉しい。アルノ環礁での発見も急ぎます。

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:まぁまぁ深め


バージェス・バタフライフィッシュ


バージェスバタフライフィッシュ

【英名】Burgess' Butterflyfish  【学名】Chaetodon burgessi 【和名】なし

チョウチョウウオの仲間では生息域も限られているようです。マジュロ環礁でもごく一部のみであまり見掛ける事はありません。何故だかティンカーズバタフライフィッシュとのペアでいるところを良く目にしますが2匹でちょこちょこと移動している姿はとても可愛い。この個体の眼を通る黒黄色の横帯がティンカーズもしくはイエロークラウンドとのハイブリッドとも思わせます。

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:まぁまぁ深め


ダイヤモンドテールラス


ダイヤモンドテールラス

【英名】Diamondtail Wrasse 【学名】Cirrhilabrus rhomboidalis 【和名】なし

ドロップオフの斜面にうじゃうじゃいます。とてもシャイでベラ特有の動きには撮影に一苦労。マジュロ、アルノ環礁に限らずマーシャル諸島では比較的容易に観察する事が出来ますがディープダイビングスタイルとなりますので自己管理は必要不可欠。

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:若干深め








深度イメージ早見表



■水面
■浅め
■一般的に普通
■深め
■若干深め
■ちょい深め
■まぁまぁ深め
■なかなか深め
■けっこう深め
■深すぎる
■深海






※決してディープダイビングをオススメする為のページではございません

これら5種類はカロリン島・同ポイントで撮影しております