NEWS

マーシャル諸島・カロリン島の誘惑 Vol,2

ディープを好む仲間達

マジュロ環礁の外洋に位置するダイブサイト『Kolalen-Pass / カロリン パス』はドロップオフの棚上の珊瑚がとても美しいマジュロを代表する珊瑚ポイント。そのドロップオフの潮・地形などを好み他のダイブサイトでは生息していない生物達がいます。そして同じKolaen-Passでも種類により微妙に違う場所を好み生息場所が異なります。前回に引き続き今回もディープを好むカロリンのスター達を一部ご紹介していきます。

スミレナガハナダイ / 雌雄中間


スミレナガハナダイ

【英名】Squarespot Anthias ♀×♂ 【学名】Pseudanthias pleurotaenia 【和名】スミレナガハナダイ

ダイバーの中では「サロンパス」で有名なハナダイ。意外にもマーシャル諸島(マジュロ環礁)ではそこまで浅くはなく、浅くても-18mくらいから確認しています。写真の個体はメスとオスの中間色ですが、オスメス共に比較的多く見る事が出来ます。
 
■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:若干深め


アケボノハゼ


アケボノハゼ

【英名】Decorated Dartfish 【学名】Nemateleotris decora 【和名】アケボノハゼ

ヘルフリッチと同様に人気の高いハゼですが、マーシャル諸島ではヘルフリッチに比べ断然数は少なく深度も少々深め。パープルのグラデーション、尻鰭の美しさは一度はじっくりと観察したい種類ではないでしょうか。この「アケボノハゼ」の命名はなんと!!

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:ちょい深め


ヨコシマニセモチノウオ


ヨコシマニセモチノウオ

【英名】Tailspot Wrasse 【学名】Pseudocheilinus ocellatus 【和名】ヨコシマニセモチノウオ

ベラと言えばヒレの美しさでファンも多い。大きな尻鰭や長い背鰭を持つフラッシャーなどと違い見た目大人し目ですが、見れば見るほど奇妙な顔の模様や各鰭の繊細な模様色使いは決して負けていません!!? 暗い場所を好みますがくぼみの中にジッと隠れている事はないので一度見ればその後は簡単に見付ける事が出来るでしょう。

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:深め


マルチカラー・エンジェルフィッシュ


マルチカラー

【英名】Multicolor Angelfish  【学名】Centropyge multicolor 【和名】なし

こちらも人気の高いマルチカラー。マジュロ、アルノ環礁共に比較的発見しやすい種類ですが、一度隠れまた違うところから現れるようなちょろちょろとした動きでダイバーを惑わせます。幼魚の背鰭には大きな丸い斑紋があり不釣り合いな大きな鰭はとても可愛い。水中でもとても目立ちますので一度はご覧頂きたいヤッコ(キンチャクダイ科)です。

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:若干深め


サイドスポットドゥワーフゴビー


サイドスポット

【英名】Sidespot Dwarfgoby 【学名】Trimma sp. B 【和名】なし

とても可愛いのですが、マジュロでは少々深いところで生息するベニハゼの仲間。この種の周りには各種レアマクロが多く生息している為見過ごしがちですが少し目を凝らせば見付かります。ドロップオフの砂混じりの斜面で何かの上にちょこんと乗っているところが印象的。

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:ちょい深め






深度イメージ早見表



■水面
■浅め
■一般的に普通
■深め
■若干深め
■ちょい深め
■まぁまぁ深め
■なかなか深め
■けっこう深め
■深すぎる
■深海






※決してディープダイビングをオススメする為のページではございません

これら5種類はカロリン島・同ポイントで撮影しております