NEWS

マーシャル諸島・カロリン島の誘惑 Vol,4

ディープを好む仲間達

またまた今回もマジュロ環礁『Kolalen Pass』のスター達をご紹介。どうしてこのエリアにはこれだけ人気種が集まるのか不思議なくらいに勢揃い。前回に引き続き今回もディープを好むカロリンのスター達を一部ご紹介していきます。

コリンズ・エンジェルフィッシュ


コリンズエンジェルフィッシュ

【英名】Colin's Angelfish 【学名】Centropyge colini 【和名】アヤメヤッコ

深場、暗闇を好むヤッコの仲間。深場に生息するもこの色合いはとても目立ちすぐに見付ける事が出来ます。マジュロ環礁ではオーバーハングやケーブなどのくぼみが少ないので垂直に落ちるような壁の亀裂や小さなくぼみ周辺でいつも身を隠せる状態で浮遊しています。数自体は多くないため出逢えた時の感動は大きい。
 
■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:なかなか深め


ニラミハナダイ / Female


ニラミハナダイ ♀

【英名】Longfin Angelfish ♀ 【学名】Pseudanthias ventralis 【和名】ニラミハナダイ

色合いはオスよりもかなりシンプルといったイメージでしょうか。「ニラミ」だけにキリっとした目元はオス・メス共に名前に相応しい。体長は派手なオスよりも小さく、色味を失った深度下では少々見付け難いですが、小さな群れを作りいつも決まった場所にいるので安心。すぐそばにはタイニーダートやヘルフリッチが沢山!

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:なかなか深め


シマヤッコ


シマヤッコ

【英名】Multi-barred Angelfish 【学名】Centropyge multifasciata 【和名】シマヤッコ

とてもシャイなシマヤッコ。外洋のドロップオフの深場では比較的容易に出逢う事が出来ますが、とても恥ずかしがり屋さんなので じっくりと近くで観察するのは難しい。ペアというよりは1匹で見掛ける事の方が多く是非この色合いを覚えておきチラ見でもご覧頂きたいヤッコ(キンチャクダイ科)。すばしっこいですよぉ~ (写真は幼魚)

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:ちょい深め


ハイブリッド(交雑種)?


ハイブリッド?

【英名】- 【学名】Chaetodon burgessi × Chaetodon tinkeri ?【和名】-

バージェス・バタフライフィッシュとティンカーズ・バタフライフィッシュのハイブリッドと見られる(参考:チョウチョウウオガイドブック)。この個体はこのポイントでのみ確認しています。単純に模様が乱れたものや色素異常や色彩変異の場合もありますが、同属種ということもありこの組み合わせがあっても決しておかしくはないでしょう。レア種同士のハイブリッドはとても魅力です。

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:まぁまぁ深め


アオマスク(仮称)


アオマスク

【英名】Bluehead Tilefish  【学名】Hoplolatilus starcki 【和名】アオマスク(仮称)

中層を派手に浮遊しているアオマスクはドロップオフを潜降する途中に良く目立ちます。世界でも多く生息していますが、ここマーシャルでも外洋の常連です。ブリッジ側周辺よりもカロリン島、リタ側で良く出逢う事が出来、場所によって-18m前後。マジュロ、アルノ問わず比較的容易に出逢えゆっくりと距離を縮めていく事がポイント!

■ダイブサイト:カロリン・パス / マジュロ環礁
■深度:深め






深度イメージ早見表



■水面
■浅め
■一般的に普通
■深め
■若干深め
■ちょい深め
■まぁまぁ深め
■なかなか深め
■けっこう深め
■深すぎる
■深海






※決してディープダイビングをオススメする為のページではございません

これら5種類はカロリン島・同ポイントで撮影しております